昭和61年北海道牧場(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和61年北海道牧場昭和61年北海道牧場
北海道根釧台地の大規模な酪農経営をしている農家です。北海道ではよく見かけるカマボコハウス。雪にも強く、ガレージにも、資材入れにも、さらに学校では部室などにもこのカマボコハウスは見かけます。この建物をみれば「あー北海道だなあ」と思えますね。内地では、写真に写っているトラクタは普通ですが、北海道では、昔は見かけましたが近年ではなかなか動いている姿は見かけませんね。内地の人間が最初に驚くのは、冷暖房完備のトラクターですね。運転席は、ガラス張りの部屋になっており、エアコン完備で快適です!もちろん寒かったり、暑かったり、雨や雪などでも作業ができるのですが、一番の自慢はカーステレオですね。昭和の時代は8トラのカラオケがついていました。
最初は、贅沢だなあと思っていましたが、働いてみればなぜ必要かがわかります。そうです、畑が広すぎるのです!だから、歌を歌ったり、何かしていないと眠くなって、畝が曲がっちゃうんですねw。とうもろこしなどの畑で、ところどころ、畝がゆがんでいるところは、うたたねしちゃったところですw。(管理人)

 

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
北海道
分類

,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 4.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和61年北海道牧場』への書き込み

昭和61年北海道牧場 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。