昭和63年ニセコアンヌプリリフト券(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和63年ニセコアンヌプリリフト券昭和63年ニセコアンヌプリリフト券

北海道でも有数の大型スキーリゾート ニセコ。
ニセコは、「ニセコひらふ」「ニセコアンヌプリ」「ニセコ東山」という3つのスキー場があり、山頂でそれぞれに移動することができたような場所です。
東山は、昔の国土のプリンスホテル。アンヌプリは、日航ホテル。
そして、数多くのペンションがあり、雪質、景色、コースすべてがすばらしいスキー場でした。
少しマイナーなのですが、もうひとつ、「ニセコモイワ」というスキー場もあり、4つのスキー場がありました。
モイワは、観光客が来ないスキー場でしたので、当時は穴場でしたね。
さてさて、こんな最高のスキー場ですから、誰もが好きになります。
この地を好きになった人の多くは、ペンション村に住みはじめました。
多くがアットホームなかわいいペンションで一度行けばまた行きたくなります(はい)。
そうです。 この最高のスキー場に目をつけたのがオージー(オーストラリア人)です。本国と時差があまりなく、夏冬反対ということ、日本への直行便が増便されたこと。そしてオーストラリアドルが急騰したことで、どっとニセコにオージスキーヤーがやってきました。
町はいきなり英語の看板でいっぱい。中には不動産もオーストラリア人が購入するという、驚異的な国際タウンに。。。
数年前から円高になり、一時に比べオーストラリア人は減ったそうですが、それに代わって、最近はチャイニーズが、押し寄せているそうです。
不動産も中国人所有物件が増加中!
果たして、ニセコはこの先どうなっていくのでしょうか。
いつまでも、昔のきれいないい街でいてほしいです。

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
北海道
分類

,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (3 votes, average: 2.67 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和63年ニセコアンヌプリリフト券』への書き込み

昭和63年ニセコアンヌプリリフト券 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。