昭和60年地図(大阪南区時代住所)(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和60年地図(大阪南区時代住所)昭和60年地図(大阪南区時代住所)

既に、大阪市に東区や南区というものがあったことを知らない人が多くなったのではないかと思います。確かに、大阪市には、小さな区が沢山あり、公務員数が多く、税金の無駄使いと言われて久しいですが、なぜか、大阪の中心部の東区と南区が合併したり、北区と大淀区が合併したり、中心地の合併がいきなりありました。それまで、大阪の南区のなんば、道頓堀、心斎橋、そして東区のビジネス街には、多くの昔ながらの町名がありました。本町から淀屋橋にかけてはかなり以前の町名が今も残っていますが、この地図の道頓堀より北側のこの一角の町名は、見事に消えました。確かに町名が細かすぎるというのはありますが、歓楽街なので、町名が分かれている方がおぼえやすいですよね。
今では、通りの名前に残っているものや、ビルの名前などで残っているものがありますが、すでに昔の地名が完全に忘れられてしまったものもあるでしょう。さて、皆さんは、どの程度おぼえていますでしょうか?

電電公社職員地図より

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
大阪府
分類

写真提供者
作業員さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和60年地図(大阪南区時代住所)』への書き込み

昭和60年地図(大阪南区時代住所) へのコメント

昭和60年地図(大阪南区時代住所)” への1件のコメント

  1. haz7802 より:

    大阪なんばの昔の地名が細かすぎ!今はこの地名消滅したんでしょうね。風情があって良い気もするけど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。