昭和60年地図大谷本廟(昭和60年~昭和64年の写真)

昭和60年地図大谷本廟昭和60年地図大谷本廟

昭和の終わりに、五条通を山科につなげて国道1号線をつくるという工事はかなり長い期間行われていましたね。場所がお墓ですので、移転もできないので、かなり、無理した道路になっていましたね。この道路ができたおかげで、山科や大津に行くに便利になったことでしょうね。
ただ、この国道1号線ですが、もともと東海道ですが、今では日本中の国道1号線は、道路を拡張しているので、バイパスなどのかなり本来の東海道とは異なった場所に1号線が走るようになっていますが、この京都の国道1号線は、昔から5条通りが国道1号線なのでしょうか?牛若丸が五条大橋にいたので、多分、そうなんだろうと思いますが、もともとの国道1号線ってどこをはしっていたのか、特に京都駅の南に行けば、旧1号線ってどれ?というかんじでわかりませんね。

*電電公社工事関係者地図より抜粋

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和60年~昭和64年
場所
京都府
分類

写真提供者
作業員さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和60年地図大谷本廟』への書き込み

昭和60年地図大谷本廟 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。