昭和53年神戸ポートタワーからの景色(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和53年神戸ポートタワーからの景色
昭和53年神戸ポートタワーからの景色

神戸のポートタワーは当時は、湾内観光船(小さな船)や共同汽船?など淡路島へ行く小さな船の乗り場でした。丁度写っている船が湾内観光の船でしょうか?ポートタワー以外このメリケン波止場にはなにもありませんでしたね。そもそもメルケン波止場って、メリケン粉の倉庫だったのかなと思っていたら、「アメリケン」つまりアメリカ波止場だったらしい?です。
それが、昭和60年ごろから、このあたりが少しずつ埋め立てられ、この波止場の周りも大きく変化しましたね。今では、この突堤の先端にはおおきなホテルができていますね。さらに写真の奥の船が停泊しているところあたりが、モザイクという神戸の観光地に変わりましたね。ほんとうに神戸の港は埋め立てが大好きですね。神戸空港もつくっちゃったんですからね(Webマスタ)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
兵庫県
分類

, ,

写真提供者
三郎さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (No Ratings Yet)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和53年神戸ポートタワーからの景色』への書き込み

昭和53年神戸ポートタワーからの景色 へのコメント

昭和53年神戸ポートタワーからの景色” への3件のコメント

  1. toshi より:

    こんにちは。ポートタワーは、確かに当時は華やかな場所ではなかったですね。ただ、客船が来るときは、華やかだったようにおもいます。何もない平日は静かな場所でした。

  2. 我が昭和 管理人 より:

    神戸メリケン波止場のポートタワーでしたら、神戸ハーバーランドが見えますね。
    でも、当時は、船が停泊しているので造船所か製鉄所だったのでしょうか?
    このあたり、埋め立てが進んで、大きく変わったようですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。