昭和59年マッチ 三井銀行(大阪)(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和59年マッチ 三井銀行(大阪)昭和59年マッチ 三井銀行(大阪)昭和59年マッチ 三井銀行(大阪)
改めて見ると三井銀行という名前の重さを感じますね。三井物産のブランドをもつ銀行というだけで、そのメームバリューがとてつもない価値を持っていたのに、一時的とはいえ、太陽神戸銀行などと合併し、「さくら銀行」という名前にし、「三井」の名前を捨てたことは、当時業界を賑わかせましたね。結局、その後住友と合併し、三井住友となったわけですが、「三井住友」という名前が超巨大な名前では
あるのですが、両社ともに大きすぎるので、逆に打ち消しあってしまっているようにも感じますね。
 それはそうと、昔はマッチといえば、銀行でしたよね。大きな三角のマッチにカレンダなどがかかれてあり、応接室の灰皿の横に置いてありましたね。あんな巨大なマッチは銀行でしかいただけませんね。だから、企業の応接間にしか置いていなかったんですかね? 庶民の家には、四角い「特用マッチ」が一般的でしたね。

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
大阪府
分類

,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 4.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和59年マッチ 三井銀行(大阪)』への書き込み

昭和59年マッチ 三井銀行(大阪) へのコメント

昭和59年マッチ 三井銀行(大阪)” への2件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    サダさま
    コメントありがとうございます。
    昔はキャッシュカードが一般化するまで、預金通帳を皆さん、眺めていましたよね。
    ボタン一つで「残高照会」も便利ですが、なにか、お金の価値観が
    通帳よりも薄くかんじますね。

  2. サダ より:

    なんと、懐かしいマッチです。
    そうでした、三井銀行はこんなロゴでした。
    当時、銀行の通帳に少しずつ、貯金しておりまして、残高を見ているのが楽しみでした。
    懐かしい、写真をありがとうございます。これからも、よろしくおねがいします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。