昭和50年伊丹空港全日空(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和50年伊丹空港全日空昭和50年伊丹空港全日空

これは、どういう状況で撮影されたのでしょうかね?当時としては、まだ新しいジェット飛行機のB-767だと思うのですが、このクラスならば、ブリッジから搭乗すると思いますので、地上から撮影することはできないようにおもうのですが。。まして、搭乗する階段と乗り口は反対側なので、ここまで歩いてきて撮影することはできないようにおもいます。他の飛行機(プロペラ機)で地上から搭乗する際に、横にジェット機が停っていたので、撮影されたものだとおもいます。ただ、この当時、大阪空港の搭乗ブリッジがどの程度あったのかわかりませんので、何とも言えませんが、国内の空港では保安上、なかなか現在このような場所での撮影はできないようにおもいます。(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
大阪府
分類

写真提供者
TARAさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 4.00 out of 3)
[PR]

『昭和50年伊丹空港全日空』への書き込み

昭和50年伊丹空港全日空 へのコメント

昭和50年伊丹空港全日空” への4件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    飛行機マニアさま
    お恥ずかしながら、727-200を詳しく知りませんでした。
    それにしても、昔の全日空のカラーって懐かしいですね。
    情報ありがとうございます。

  2. 飛行機マニア より:

    主翼の下にエンジンが無い事と非常口ドア、後年代からB727-200ではないでしょうか?

  3. 我が昭和 管理人 より:

    Kenさま
    コメントありがとうございます。大阪空港の全日空のエリアは、以前は国際線でしたので、全日空は国内線ですから、おっしゃるとおり、現在の日本航空側ですね。私も、ご指摘された搭乗ゲート(多分、当時は、ゲート番号も違っていたと思いますが)あたりではないかとおもいます。詳しい方がいらっしゃれば、是非コメントお願いいたします。

  4. ken より:

    いつも楽しく拝見しています。
    大阪空港で、ジェット機の横で写真を撮れる時代があったのですね。撮影可能だったのは、国内線でしょうから、現在の20か21番スポットあたりではないかとおもいますが、いかがでしょうか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。