昭和59年北海道銀行通帳(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和59年北海道銀行通帳昭和59年北海道銀行通帳

こちらは北海道銀行通称「どうぎん」の通帳です。この当時は、道内には北海道銀行と北海道拓殖銀行があり、北海道拓殖銀行(通称たくぎん)は、都市銀行13行の1つで、北海道銀行は地方銀行でありましたので、内地から来た、単身赴任者などは、 たくぎんに口座を作って都市銀行のキャッシュカードを使っていたようです。北海道にたくぎん以外の都市銀行は、札幌の大通界隈にしかない場合が多いので、拓銀は便利な存在です。
道銀は、道民の利用が多く、庶民的な銀行ですが、都市銀行の拓銀と 2大勢力だったので、地方銀行としては、認知度はたかかったとおもいます。さて、拓銀が倒産してから、道銀はどうなったのでしょうか?今も、この通帳のデザインでしょうか?(by提供者)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
北海道
分類

,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 4.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和59年北海道銀行通帳』への書き込み

昭和59年北海道銀行通帳 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。