昭和59年日本航空搭乗券(昭和50年~昭和59年の写真)

昭和59年日本航空搭乗券(非自動改札)

昭和59年日本航空搭乗券(非自動改札)

昭和59年の大阪空港ー旧千歳空港の日本航空搭乗券です。

このころからだったでしょうか。この路線に「ジャンボジェット」が導入されはじめたのは?

ジャンボの飛行に乗りたくてSRって書いてあるのを見てたように記憶しています。

このころの主流の飛行機は何だったか覚えていませんでしたが、DC-10あたり

だったのでしょうか。

当時は日本航空が1日3便、全日空とあわせても、

大阪ー札幌は6便しかありませんでした。

(関西空港も、神戸空港も無い時代でしたので、今考えれば少なかったんですね)

禁煙席は、後ろの方に少ししかなかったように思いますが、

狭い機内で仕切りも無いわけで、ほぼ禁煙席

といいながらも、タバコくさかったでしょうね。

大阪空港も、千歳空港もこの時代は空港のカウンターが狭く

ごったがえしていましたね。(管理人)

 

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和50年~昭和59年
場所
分類

, ,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (7 votes, average: 2.86 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和59年日本航空搭乗券』への書き込み

昭和59年日本航空搭乗券 へのコメント

昭和59年日本航空搭乗券” への2件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    コメントありがとうございます。
    飛行機は、多くが船から名前やルールも取り入れられていますので、乗船券に似ているというか、わざとそうしたのかもしれませんね。

  2. yoshi より:

    船の乗船券みたいですね。まさにボーディングチケットですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。