昭和47年切手中部山岳国立公園2(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和47年切手中部山岳国立公園2昭和47年切手中部山岳国立公園2

中部山岳国立公園は、北アルプスの新潟県、富山県、長野県、岐阜県の四県エリアあります。標高が3000メートル級の山々がつらなり、北から白馬岳などを有する後立山連峰、剱岳などを有する立山連峰、槍ヶ岳などで構成されています。
高山植物、動物、そしてすばらしい軽視が日本を代表する山岳公園です。

これらの山々を一度見れば、その形式の虜になりますね。これらの山々のふもとにはペンションなども多く、その経営者の多くは、山に惚れ込んでしまった人も多いようです。5月ごろ、まだ山には雪がかぶっていますが、ふおとではきれいな野草が咲き、最高のシーズンですね。まさに国立公園にふさわしい景色と思います。(管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
長野県
分類

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (No Ratings Yet)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和47年切手中部山岳国立公園2』への書き込み

昭和47年切手中部山岳国立公園2 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。