昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表

今、改めて見ると意外といいお札だなあと感じます。しかし、当時はこのお札に関していえば、 あまり良い印象は特に新しい500円札ですが、最低金額のお札なので、お年玉で利用されることもしばしばで、ボチ袋を開けた途端に、藍色のお札が出た瞬間には「あちゃ~」というかんじですね。1枚しか入っていない時に1000円かと思っていた時の岩倉具視さんは、おちこみますよね。しかし、よく考えれば500円あればお菓子なら、死ぬほど食べれたわけで、贅沢なことだったんですね。(Webマスタ)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
分類

,

写真提供者
KOZさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (No Ratings Yet)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表』への書き込み

昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表 へのコメント

昭和40年岩倉具視新紙幣、旧紙幣表” への2件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    そういえば、最近のお年玉は少子化もあり、年々高くなっているようにおもいますね。世間は、デフレなんですがねえ。
    それにしても、古い500円札って、意外と記憶に残っていませんでした。

  2. タカシ より:

    この500円札は、お年玉の印象が強いです。子供のころは、1000円札が入っていたらあたり!でしたから。物価が違うのか、お金の価値が違うのか、最近は1万円のお年玉は当たり前ですからねえ。皆さん、いくらポチ袋に入れますか?

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。