昭和45年大阪万国博覧会入場券(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和45年大阪万国博覧会入場券

昭和45年大阪万国博覧会場 入場券 大人入場券 エキスポタワー入場券

大阪の北部丘陵地帯にニュータウンを造成し、まさに経済成長著しく、国民に、家電製品などを購入できる少しの余裕が出始めた時代の、夢と希望の博覧会でした。またアジア初の国際博覧会で6か月の間開催されました。開催における各種実績は驚く数字ばかりで、国家の威厳をかけた大プロジェクトは華々しい成功と評価されました。 6が月で入場者がなんと6421万人というすさまじい数字で、1日当たりの入場者数が一番多かった時が83万人という途方もない数字。設計総監督は勿論丹下健三氏。またパビリオンには黒川紀章氏など、多くの著名人やデザイナーが集結し、成功させました。

歴史にもしもは無いといいますが、これだけのイベントを成功させたことは奇跡なのかもしれませんね。ただ、日本の勤勉さと技術力が結果として成功させたのもかしれませんね。入場者数が6421万人と言われてもわからないかもしれませんが、千葉にあるディズニーリゾート2つあわせても年間で2500万人程度、半年で1250万人です。あの混雑しているテーマパークの比べ物にならない人数です。さらに、施設内にはオフィシャルホテルなどありませんから、この人間が一気に電車とバスで帰るわけです。実際に体験しましたが地獄でした。改札に行くまで延々渋滞。改札を入っても、ホームまで行けず、電車は、すぐに満車。バスはバスで長蛇の列。さすがに悪夢を恐れて自動車で行けば渋滞地獄。パビリオンなど、並んでも入れず、もちろんアメリカ館など近づくことさえ無理。月の石など夢物語。楽しいはずが、疲労しか残らない状態でした。しかし、この歴史的イベントを体感できたことは、うれしい限りです。ちなみに、万博入場者数の1位記録は、先日の上海に抜かれました。中国は、まさに当時の日本のようですね。(管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
大阪府
分類

,

写真提供者
我が昭和
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 3.50 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和45年大阪万国博覧会入場券』への書き込み

昭和45年大阪万国博覧会入場券 へのコメント

昭和45年大阪万国博覧会入場券” への4件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    淀川太郎様
    コメント頂きありがとうございます。 おっしゃるとおり、タワーに上るのも、すごく待たされた記憶があります。正直タワーを登っても、人でごった返しており、何が何だか今一つわかりませんでした。入場券のチケットが無ければ、上った記憶も失っていたかもしれません。
    これからも、昭和の写真を投稿してまいりますので、よろしくお願いいたします。

  2. 淀川太郎 より:

    懐かしいです。なんと、エキスポタワーにも上られたんですね。外から、タワーを見ていましたが、すごく不気味なタワーだったのを覚えています。
    まさか、チケットをお持ちとは、恐れ入ります。

    また、懐かしい品物を楽しみにしております。

  3. 千里住民 より:

    楽しく読ませていただいております。

    写真の入場券ですが、非常に立派なデザインだったと覚えております。

    大人(23歳以上)800円  学生(14~22歳)600円  子供(4~14歳)400円 だったと思います。
    当時は、大学生も学生扱いだったようですが、チケットには「青年」と記載されていました。
    夜間割引券というものがあったらしいですが。そちらは知りませんでした。

  4. 風神雷神 より:

    入場券は価格はどれほどだったのでしょうか。1000円くらいでしょうか?
    タワーが100円というのは、かなり高いですよね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。