昭和45年 日本万国博覧会 チリ館スタンプ(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和45年 日本万国博覧会 チリ館スタンプ昭和45年 日本万国博覧会 チリ館スタンプ

大阪万博のスタンプ帳より。チリが万博に参加したのはおよそ80年ぶり。南米諸国の中で一番のりで参加表明を出した国です。写真にも見えるおなじみのモアイ像は、この大阪万博のためにイースター島から運ばれてきた火山岩で造られたそうです。(by提供者)


チリという国は細長い国ということは、ある程度知られているでしょうが、他にこれといった特徴も当時はなかったのではないかとおもいます。その点で言えば、モアイを展示していたのは、将来的にも正解だったと思います。イースター島観光は人気ですからね。
もちろん、この当時はチリワインなど有名でもないでしょうし、地下資源は展示できるものでもありませんから、パビリオンの展示物には困ったのではないでしょうか。今なら、フェニックス(鉱山救出)よりも、やはり「アニータ」さんが一番有名かもしれませんね。(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
大阪府
分類

写真提供者
junk apartment さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (3 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和45年 日本万国博覧会 チリ館スタンプ』への書き込み

昭和45年 日本万国博覧会 チリ館スタンプ へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。