昭和46年乳母車と自転車(昭和40年~昭和49年の写真)

昭和46年乳母車と自転車
昭和46年乳母車と自転車


この時代のビニールのサドルは、雨にぬれると、パンツがビタビタでしたね。確かにこの当時の自転車のサドルって、雨対策ってされていませんでしたから。(高い自転車を雨ざらしにすることはかんがえていなかったのでしょうかね)
子供の自転車はビニールですぐに破れるので、困ったものでした。
この写真を見て思い出しましたが、当時のコマつき自転車は、かなり無理な構造で、
普通の自転車に強引にコマつけていますね。まあ、自転車は高価でしたから、大きい自転車を買って長く乗らせるために、仕方なかったんですね。
もうひとつ、当時の自転車のハンドルのグリップには、ニシキノアキラのようなひもがビロ~ンとついていましたよね?あれは、何か意味があったのでしょうか?(Webマスタ)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和40年~昭和49年
場所
大阪府
分類

, ,

写真提供者
三郎さん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和46年乳母車と自転車』への書き込み

昭和46年乳母車と自転車 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。