昭和35年羽田空港日本航空機2(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和35年羽田空港日本航空機2昭和35年羽田空港日本航空機2
昔の羽田空港はシンプルですね。後方の展望デッキも今では考えられないような作りですね。
この飛行機は4発プロペラですね。機種はどなたかご存知の方がいらっしゃればコメントお願いいたします。
多分、この飛行機は国際線用ではないかと思うのですが、この当時の国際線というのは、まだ海外渡航が規制されていた時代ですから民間人はなかなか乗ることはなかったと思いますので、公務員とか、一部の大企業や輸出企業だったんでしょうね。
プロペラ機で20時間以上かけて外国に行くことは、すさまじいことだとおもいます。たかが10時間飛行機で乗っているだけで疲れますが、当時の機内環境の悪さやシートの狭さを考えると、恐ろしいですね。音楽もビデオもない時代に機内では何をされていたんでしょうね?いやはや恐れ入ります。(by管理人)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
東京都
分類

,

写真提供者
shimizuさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (4 votes, average: 3.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和35年羽田空港日本航空機2』への書き込み

昭和35年羽田空港日本航空機2 へのコメント

昭和35年羽田空港日本航空機2” への3件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    SKYさま
    コメントありがとうございます。
    DC-8から本格的なジット時代が到来ですね。今では、西海岸まで9時間程度で行けますが、この飛行機ですと、航続距離がたりませんので、ハワイ経由になり、西海岸でも20時間くらいかかったそうですね。それでも前の機種より4時間程度短縮されたそうですから、当時はアメリカに行くということは、大変だったんですね。飛行機で10時間乗って「疲れた」などと言ってられませんね(by管理人)

  2. SKY より:

    貴重な写真楽しく拝見させて頂いております。
    大好きな飛行機の写真ですが、このような古い時代の写真はわくわくします。
    自信はありませんが、日本航空のDC-7ではないかと思います。ホノルル経由でサンフランシスコに飛んでいた飛行機ではないかと思います。
    こののちDC-8が登場して、世界の飛行機がジェット主流になったと聞いております。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。