昭和35年羽田空港日本航空機(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和35年羽田空港日本航空機昭和35年羽田空港日本航空機

日本航空のマークが運転席の後ろに記載されていますが、昔のロゴマークですね。こちらの飛行機は、プロペラが前にせり出しているので、搭乗口が後ろなんですね。失礼ながら、見るからに不安定そうな飛行機ですね。かなりゆれたのではないかと推測します。そしてこのイルカ顔のコックピットが、何とも新幹線ですねw。最後にわからない点が1つ。後ろのほうに、棒で機体をまっすぐにしているようなのですが、一体どうなっているのでしょうか?まさか、このまま飛べば、しりもちつきそうですし、まさか、機体に直接車輪がついている??ので、ななめになるので、停車している間は棒で支えているのでしょうか。飛行機に詳しい方が、いらっしゃれば是非解説頂きたいです。よろしくおねがいします。(by提供者)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
東京都
分類

,

写真提供者
shimizuさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (7 votes, average: 3.00 out of 3)

『昭和35年羽田空港日本航空機』への書き込み

昭和35年羽田空港日本航空機 へのコメント

昭和35年羽田空港日本航空機” への2件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    飛行機大好きさん
    コメントありがとうございます。
    この時代の機内の椅子は、どんなかんじだったのか、私も一度座ってみたいです。
    多分、乗り心地は、かなりきびしかったんでしょうね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。