昭和38年ホテルでの余興(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和38年ホテルでの余興昭和38年ホテルでの余興

企業戦士たちの宴会ですね。浴衣で大広間で食事とお酒を飲みながら、舞台で歌や踊りをして、盛り上がる高度経済成長期の風物詩です。こちらのステージの後ろには雅楽の楽器やステージがありますね。そういえば、以前は、たまにこの手のステージがありましたが、最近は見かけまくなりましたね。そもそも何のためにあったのかと思ったら、神前結婚式で使うためだったんですね。当時は、神社で結婚式をしていたので、ホテルでも結婚式を行う場合、やはりこういう舞台は必要だったんですね。しかし、昭和50年ごろから、西洋式の結婚式が主流になり、人気の落ちた神前結婚式は、小さな部屋にセットが組まれ、そこで行われるようになったので、このような、舞台は消えたんですね。それに伴い、雅楽を演奏できる人も減りましたので、自然消滅したのでしょうね。(by提供者)

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
分類

写真提供者
キイチさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (2 votes, average: 3.50 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和38年ホテルでの余興』への書き込み

昭和38年ホテルでの余興 へのコメント

昭和38年ホテルでの余興” への2件のコメント

  1. 我が昭和 管理人 より:

    ろんどん太郎さま

    そういえば、昔は「バチがあたる」とよく言われましたね。
    逆に砂金はほんとうにきかなくなりましたね。

  2. ろんどん太郎 より:

    こんにちは。
    確かに、ホテルの大広間や劇場には、確かに雅楽器がありましたね。私も、なんなんだろうと?子供の頃思っていました。親からは、触るとバチがあたるから、触ったらダメと言われていましたが、神事の道具だからなんでしょうね。
    今どきの子供に「バチがあたる」といっても、効果はないようですが、当時は信じていました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。