昭和37年京阪神交通図(昭和30年~昭和39年の写真)

昭和37年京阪神交通図
原稿元不明につき著作等問題ございましたら、ご連絡ください。

昭和37年京阪神交通図
昭和55年頃でしょうか?国鉄がストライキなどがあったり、運賃値上げなどあった時代、私鉄と並行するような国鉄路線は本当に人気が無かったですね。朝夕のラッシュ時はさすがに混んでいますがそれ以外の時間帯はガラすきで、客が乗らないために本数を減らしたり車両数を減らしたり、非常にサービスの低下を感じましたね。意見はいろいろあるにせよ、民営化したことにより、サービスが向上したことは良いとおもいます。この地図を見ておもうのは、やはり、鉄道というものは、早々かわるものではなく、線路は街の動脈なのだなあということです。この地図では福知山線の尼崎港、片町線の片町駅が消滅しましたね。 

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和30年~昭和39年
場所
分類

写真提供者
KOZさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和37年京阪神交通図』への書き込み

昭和37年京阪神交通図 へのコメント

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。