昭和20年代後半京都市内建設現場(場所不明)(昭和20年~昭和29年の写真)

昭和30年代京都市内建設現場(場所不明)昭和20年代後半京都市内建設現場(場所不明)
こちらもかなり古い写真になります。鉄骨が無い時代は、大変でしたでしょうね。日本建築は、天井に瓦という重いものを乗せながら、骨組みは木で構築しているわけで、石やレンガで骨組みをもたせている西洋とは、技術が全然ちがいますね。木の組み合わせなど、すごい技術だと思います。こういった日本建築のすばらしい技術は、継承いただきたいものです。

【注意】画像の無断複製、無断利用を禁じます。

年代
昭和20年~昭和29年
場所
京都府
分類

, ,

写真提供者
トシキSさん
提供協力者
掲載日
評価する
1 Star2 Stars3 Stars (1 votes, average: 4.00 out of 3)
[PR]

[広告]昭和世代にオススメ!

『昭和20年代後半京都市内建設現場(場所不明)』への書き込み

昭和20年代後半京都市内建設現場(場所不明) へのコメント

昭和20年代後半京都市内建設現場(場所不明)” への1件のコメント

  1. bayman より:

    かなりの材木の量ですね。また、屋根もかなり大きそうですね。どこかの工場の建設風景でしょうか。
    結構有名な、今でも残る工場だったりして。。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。